看護師キャリア開発を支援する一元管理ツール|スタッフキャリア

より効果的に、eラーニングと連携|メディカルナイスナレッジ
ホーム

看護師教育の全てを
一元管理できます。

  • 研修受講状況、各種評価集計、職員情報が簡単データ集計
  • 院内・院外の研修受講申請から出欠登録の管理
  • 新人看護師研修104項目の自己と評価者の評価管理
  • ラダーレベル別評価の自己と評価者の評価管理
  • ポートフォリオで履歴管理からスタッフ情報共有
  • eラーニング機能に学習・研修サポート
さらに詳しく

Special Interview

自分の将来を語れる看護師の
育成を目指して

地方独立行政法人大阪府立病院機構
大阪はびきの医療センター 副看護部長
岡田 知子様

本日は、地方独立行政法人大阪府立病院機構大阪はびきの医療センター様で取り組まれている、看護教育について看護部副看護部長で教育責任者の岡田知子様にお話をお伺いします。

やらされている教育ではなく主体的な教育 (クリニカルラダー導入で自発的な教育を)

早速ですが、看護師教育は医療の質の担保やモチベーション維持のためにも大変重要だと言われていますが、大阪府立呼吸器アレルギー医療センター看護部様ではどの様な取り組みを推進されているのでしょうか?

岡田様 どこの病院でも最近は取り入れていると思うのですが、クリニカルラダーという段階的な教育を行っています。やらされている教育ではなく主体的な教育という事で、自分の実践能力を自分で評価して次のステップに向かって自分の目標を立てていく事を大切にしています。

なるほど、クリニカルラダーを導入され自発的教育の環境を構築する事で、自ら上を目指すモチベーションをあげるための取り組みをされているのですね。

やらされ感をモチベーションに変えていく

現状看護師教育で課題や問題点はありますか?

岡田様 色々とありますが、現場で行う教育という事で、1つ目は「時間」という課題があります。
新人教育やクリニカルラダーの必須研修などは時間を担保して勤務時間内に実施しているのですが、それ以外にも院内・院外と色々な研修が沢山あります。それらに関しては自分の時間を使う事になってしまいますし、仕事をしながら中々研修の時間がとれない事 が問題だと思っています。

それと同時に教育というのはお金がかかるのが事実ですよね。そこら辺の予算をどれくらい取ってきて、どの様に配分していくか考えながらやっています。 ただ、全員に学会参加費や院外研修参加費を出してあげたい気持ちはありますが、自分の勉強だけで終わる看護師もいるし、組織にきちんと還元してくれる看護師もいるので色々なケースが有ります。
その辺はどの様に予算を配分したら良いか教育担当としては悩ましいところです。

また、院内では主体的に自分で研修を選べるようにラダー研修だけでなくて各委員会が主催する沢山の研修があります。 本当は自分で主体的に選んでいくはずですが、どうしてもやらされている感を持つ人もいます。 その結果、研修で疲弊するという事が無いようにやらされ感をモチベーションに変えていく事が課題であると感じています。

成果が出るシステムの利用

なるほど、ではその課題を解決するためには、何が必要か何か具体的には有りますか?

岡田様 まず時間的な課題については、eラーニングシステムの活用というのは効果的だと思っています。特に新人研修でもかなり使っていますが、技術研修の事前課題としてeラーニングで予習をしてもらっているので、スムーズに研修が進み、eラーニングは効果があると実感しています。

また、予算の課題に関しては、これは私達看護部の管理者が頑張らないといけないのですが、看護師の実践がどれ位病院経営に貢献しているのかを、ちゃんと示していかないと、予算として取って行けないのかなと思います。

それと、モチベーションの課題については、今ポートフォリオに取り組んでいまして、自分のキャリアを自分で実感できる事が必要だと思っています。
キャリアアップというと職階が上がって行くと囚われがちですが、それだけではなく自分がやってきた役割だとか受けてきた研修だとか参加した学会だとか、研修や研究だけでなく院内院外で自分がやってきた事が、全て自分のキャリアに繋がっていく事を理解してもらうことが必要です。研修の履歴だけでなく、その人の経験全てがわかる様なポートフォリオを作り、活用しています。

ポートフォリオを使い、自分の経験値を振り返ることが重要であるという事ですね。

新人看護師にはeラーニングシステムが最適

貴院ではeラーニングシステムを導入されていますが、その効果は如何でしょうか?

岡田様 新人看護師や若手の看護師は受け入れも良かったですし、マメにeラーニングも活用して いるみたいです。特に新人研修とリンクさせてコンテンツを作っていますので新人には非 常に良いツールだったなと思います。eラーニングのコンテンツは、特殊な検査や処置も 有りますが、新人対象の基礎技術が中心で有るため、ベテラン看護師の活用度はやや低い ように思います。但し、教育研修を指導する立場の人は、根拠に基づいた指導が出来るよ うに基礎技術をeラーニングでもう一度確認しています。その結果、新人/若手/指導者 には非常に効果があったと思います。

なるほど、新人/若手看護師の方々が見て学習するだけでなく、教育指導する立場の方も確 認の為にeラーニングで基礎技術の見直しに活用されているという事ですね。

eラーニングシステムの運用においてご苦労は有りましたか?

岡田様 実際コンテンツを作るには時間がかかりますね、当院では看護部の主任会を中心に協力し てもらいコンテンツ作成を進めて来ましたが、コンテツは作ってしまってそれで終わりで は無く、時代の変化と共に追加修正をしていけなくてはなりません。
当初はeラーニングシステムのマスターメンテナンス責任を沢山の方に任せられない結果、 私ともう一人看護師長の二人で行っていました。その為に、副部長としての仕事にシステ ムの管理業務が加わり自分自身の負担が増え過ぎてしまいました。
特にeラーニングコンテンツの交付(配信)権限を私だけにしていたので大変でした。し かしコンテンツを勝手に作って勝手に交付(配信)してもらっては正確性や妥当性が保証 されず後々問題になるので、コンテンツを作るのは自由に作ってもらって、内容の承認や 交付(配信)の権限は運用の決まりをしっかりと定める必要があると思いました。でも承 認や交付権限ができる担当者はもう少し必要だったかなと思います。最初に50コンテン ツほど一片に交付依頼が来てしまい本当に大変でした。軌道に乗ってからは随分と負担は 減りましたが、それ以来自分以外のシステム運用管理者を育てなくてはいけないと実感し ました。

なるほど、コンテンツの作成担当人員数と管理する人員数のバランスは運用上とても重要で すね。

新人教育へはeラーニングシステムをどのように活用されていますか?

岡田様 先程も説明をしたように新人研修とリンクしたコンテンツを作成し、新人の技術習得への ツールとして活用して成果が出ています。

キャリア開発を支援できる体制が大切

新人看護師も含めたキャリア開発への取り組みはされていますが、課題や問題点はあります か?

岡田様 新人で入職した時は、私は将来こんな看護師になりたい等、キャリアに対する憧れや認定 看護師や助産師を取得したいと思っているのですが、現場で仕事を始めると日々の業務で 精一杯になってしまい、当初おもっていた憧れを考える余裕が無く成ってしまう傾向が有 るなと感じています。別の文献からですが看護師になって5年以内にしっかりした看護観 が出来上がると辞めないでキャリアを継続していけるという報告があります。当院では経 験3年目から6年目の看護師を対象に副部長が直々にキャリア面接を実施しています。ス タッフ一人一人の育成のキーパーソンは看護師長ですが、看護師長自身の教育に対する考 え方が様々です。教育担当責任者の副部長や看護部教育委員が、直接若い看護師に関わっ て将来的な自分のキャリアについて確認して行きながら、合わせてその場を使ってキャリ アに対する教育を行っています。そうやって長い視点でキャリア支援をしていくことが必 要かなと思っています。

と言うことはキャリア開発の取り組みは、短期間では出来ないのでじっくりサポート出来る 体制を創って行くことが大切なのですね。

岡田様 病院によっても違うと思いますが、大量に新人看護師を採用して短期間で辞めてしまう病 院もあります。しかし、当院の場合は就職してもらって段々にステップアップしてもらい 専門性を高めてもらいたいと思っています。本当に専門性が高い看護師になるには最低5 年長ければ10年はかかります。そこを目指して専門性の高い看護師達を育成するために は自分のキャリアを考える機会が重要と考えています。

キャリア支援での課題解決 (ポートフォリオの活用)

課題解決には何が必要でしょうか?

岡田様 1つ目は一人一人に自分のキャリアを考える機会を与える事と、2つ目は最初にも言いま したが、ポートフォリオの様に自分のキャリアを自分で見える化する事ですね、当院では キャリアシステムのツールを使いe-ポートフォリオを上手く活用しながらやっていきたいと思っています。

今後貴院が目指される看護師教育のビジョンやお考えがあればお聞かせ下さい?

岡田様 在りきたりですが、主体性がある看護師を育てたいなと考えています。看護の面白さやや りがいを将来的に自分の言葉で語れる看護師を育てたいと思っています。
今、どこの病院も自院の看護師教育という事を中心に考えているのですが、これからは大 学との連携や地域と連携するなど、狭い範囲でなく広い範囲で活躍出来る看護師達を育て ていくことが当院の使命であるかなと思っています。

教育担当者は柔軟な思考が必要

なるほど、1つの病院に留まらず広く活躍出来るスタッフ(看護師)を育成するという事で すね私も貴院へは何度も訪問させて頂いていますが貴院では教育担当の田中看護師長も含め てスタッフ(看護師)同士のコミュニケーションがしっかり構築されていると感じています が、そのあたりも指導される立場の方の教育の成果が現れていると感じています。

岡田様 教育担当の田中看護師長もそうなのですが、当院の看護部教育委員会のメンバー達はこう あらねばならぬという人がいないのですね。これも良いしあれでも良いんじゃないなど、 非常に柔軟な思考の人が多いです。大抵の看護師はこうならねばならぬと考える傾向が強 いのですが、それでは困るんです。様々な社会環境の変化に対応するためには、教育担当 者はもっともっと柔軟な思考が出来る人が必要ですね。

最後の質問ですが、スタッフとのコミュニケーションの具体的な取組みがあれば教えて下さ い。

岡田様 わたし自身は担当の病棟が無いので、出来るだけ研修の場には立会って自分の想いは自分 の言葉で直接スタッフ(看護師)に伝える様に心掛けています。

なるほど、スタッフとの接点を増やして言葉を交わしてコミュニケーションをはかってい らっしゃると言うことですね。
本日はお忙しい中インタビューの機会をありがとう御座いました。貴院の先進的な教育研修 の取り組みが良く判りました。これからも理想の看護師育成を目指してくださいませ。

PDFでの閲覧はこちらから
ダウンロードしてください

看護師キャリア開発支援ツール「スタッフキャリア」導入病院様一覧

インフォメーション サービスInformation Service

動画を視聴して理解度をテストする「動画視聴研修システム」 取り扱い開始2017年12月22日

動画コンテンツの視聴と確認テストを実施することで集合研修の効率化を図る「動画視聴研修eラーニングシステム
https://ラーニング.com/LMS_NEM.htmlの販売を開始いたしました。

小型スリム、費用もスリムな「再来受付機・小型スリム自動精算機」 取り扱い開始2017年11月24日

クリニック・小規模病院向け"窓口業務の快適化"を実現する小型スリム、費用もスリムな「再来受付機・小型スリム自動精算機
https://ラーニング.com/autopay.html の取り扱いを開始いたしました。

月刊ナースマネージャー「看護師長のアクション」1月号に大阪府立呼吸器アレルギー医療センター 岡田副看護部長様の記事中に、弊社製品をご紹介頂きました。2017年2月3日

月刊ナースマネージャー「看護師長のアクション」1月号
「若手スタッフが主体的に学び キャリアを伸ばすための教育・支援」
P.21~26 月刊ナースマネージャー「看護師長のアクション」1月号 掲載記事

第36回 医療情報学連合大会「企業展示」に出展いたします2016年11月15日

日時:2016年11月22日~24日 3日間
会場:パシフィコ横浜
ブース:展示ホールA 小間番号「37」

第20回 日本看護管理学会学術集会 8月19日に「スタッフキャリア」を出展いたします2016年8月16日

会場:パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)
ブース番号:株式会社キャピタルメディカ 小間番号「32」 第20回 日本看護管理学会学術集会

第47回 日本看護学会-看護教育-学術集会 8月4日~5日に「スタッフキャリア」を企業展示出展2016年8月10日

弊社ブースへご来場された皆様には、弊社の看護師教育管理を一元管理するシステム「スタッフキャリア」にとても関心をもって頂き、誠にありがとうございました。 第47回(平成28年度)日本看護学会-看護教育-学術集会

ベッドサイド コミュニケーション端末 取り扱い開始2016年4月21日

ベッドサイド コミュニケーション端末「ユカリアタッチ」がベッドサイドの3つの課題を解決します!
  • ヒヤリハットの削減
  • 看護業務の効率化
  • 患者とのコミュニケーション
製品詳細はこちら ベッドサイド コミュニケーション端末「ユカリアタッチ」

医療事故3600件 最多【日経新聞 2016年3月29日】

全国の医療機関から報告があがった2015年の医療事故は前年比460件増の3654件と最多を更新
再発を防ぐため報告の意識が定着してきていることが報告件数の増加へ
死亡事例は300件
※日本医療機能評価機構まとめ

第46回(平成27年度)日本看護学会-看護管理-にスタッフキャリアを出展します2015年8月21日

看護師教育を一元管理し効率化の実現を実演致しますので是非ご来場ください。
会場:福岡国際会議場2F 多目的ホール
ブース番号:17 スキルインフォメーションズ株式会社 第46回(平成27年度)日本看護学会 看護管理

第16 回日本医療情報学会看護学術集会に出展2015年7月6日

弊社ブースへご来場された医療機関の皆様には、弊社の看護師教育管理を一元管理するシステム「スタッフキャリア」にとても関心をもって頂き、誠にありがとうございました。 第16 回日本医療情報学会 看護学術大会

eラーニングシステム特許取得のお知らせ2015年5月22日

業界初、医療機関向けe-ラーニングシステムで特許(第5730690号)を取得しました。
コンテンツ管理システムを組み込んだVer2.0を6月1日よりリリース開始いたします。 プレスリリースはこちら

看護職員向けキャリア支援システム開発が、産経Webに掲載産経Web 2015年2月2日

産経関西WEBに大阪トップランナー育成事業認定事業より、弊社「看護職員向けキャリアプランニング支援システム(スタッフキャリア)」の開発について掲載されました。 http://www.sankei-kansai.com/2015/02/02/20150202-069742.php

新製品「快決!シフト君メディカル」2015年1月28日

勤務表作成から厚生局への提出書類作成までできる"人材確保""適時調査""様式9"は「快決!シフト君メディカル」にお任せ! 快決!シフト君メディカルの詳細はこちら

自分の将来を語れる看護師の育成を目指して(インタビュー記事掲載)2014年12月17日

大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター 副看護部長 岡田様へ、「看護師教育について」をテーマに様々な視点からのお考えや現状の取り組みなどについてインタビューさせて頂きました。 スペシャルインタビュー「自分の将来を語れる看護師の育成を目指して」

初診料・再診料引き上げ 厚労省、14年4月から【日経新聞 2013年6月27日】

厚生労働省は2014年4月から病院・診療所での初診料と再診料を引き上げる方針を固めた。同じ時期に消費税率が5%から8%に上がることに合わせた措置。 2013/6/27 2:00日本経済新聞 電子版

働きやすい病院評価(ホスピレート)について

機能評価やJCI(日本では7病院)認定の話はよく耳にしていましたが、平成18年5月よりスタートした「働きやすい病院評価」を最近よく耳にします。
認定を受けた事により『医師よりも看護師の確保に効果があった』と明言する病院様が複数あったとの報告もあるようです。

[引用]HOSPIRATE(ホスピレート)病院評価サービス

先頭へ戻る